失ってしまった歯の機能の回復に、高度なインプラント治療を

歯を失ってしまったときの治療といえば、これまでは「入れ歯」か「ブリッジ」が一般的でした。しかし近年では、インプラント治療が大きな注目を集め、検討される方も増えています。インプラント治療とは、インプラントと呼ばれるチタン製の人工歯根を歯があった場所の顎の骨に埋め込み、その上にセラミックの人工歯を被せる補綴(ほてつ)治療のこと。天然歯に近い自然な見た目と咬み心地が得られる、高度な治療法です。

歯が抜けたら咬みにくくなった…?

奥歯が抜けてしまった場合、「目立たないから」とそのまま放置してしまう方がいらっしゃいます。「少し咬みにくくなるだけでしょ」と考えてはいませんか? 実はそれだけではありません。歯が抜けた状態を放置してしまうと、次のようなリスクを招くことがあります。

  • 隣の歯が空いたスペースに倒れ込み、ドミノ倒しのように歯並びが乱れる
  • 咬み合っていた歯が伸びてきて、咬み合わせが乱れる
  • 歯並びや咬み合わせの乱れによって口腔内環境が悪化し、虫歯や歯周病になりやすくなる
  • 咬み合わせの乱れにより、顎関節症や身体のゆがみを招くことがある

歯が抜けてしまったら、できるだけ早く適切な治療を受けましょう。どうすればいいかお悩みの方は、平塚市の歯医者「エム歯科クリニック」へご相談ください。カウンセリングでじっくりお話をうかがったうえで、どの補綴治療が最適かをご提案いたします。

インプラント治療のメリット

メリット1.自然な咬み心地

インプラントを顎の骨にしっかり埋め込むので、硬い食べ物でも自分の歯と同じような感覚で咬めます。

メリット2.見た目が自然

天然歯のような見た目の人工歯(セラミック製)をインプラントの上に被せることにより、自然な仕上がりになります。

メリット3.周囲の歯を傷つけない

周囲の歯に負担をかけてしまう入れ歯やブリッジとは異なり、顎の骨に固定するインプラントなら周囲の歯を傷つけずに済みます。

メリット4.顎の骨が痩せにくい

入れ歯を使っていると顎の骨が痩せてしまうことがありますが、インプラントの場合は咀嚼時の刺激が直接顎に伝わるので、入れ歯に比べて顎の骨が痩せません。

インプラント治療のデメリット

インプラント治療は機能的にも審美的にも優れた治療ですが、欠点がない完璧な治療ではありません。デメリットまでしっかり理解し、納得の治療につなげましょう。

  • 外科手術が必要です
  • 保険適応外なので、費用が高額になります
  • 治療期間が比較的長くなります
  • 全身疾患(糖尿病など)により、適応できないケースがあります

インプラントはこういう方におすすめです

  • 周囲の健康な歯に負担をかけず治療したい方
  • 治療をしたことを、ほかの人に気付かれないような自然な見た目にしたい方
  • 入れ歯に抵抗がある方
  • 今の入れ歯が痛い・咬みにくい・目立つのがいやだという方

治療後はしっかりメンテナンスしましょう

インプラントを長くご使用いただくためには、歯医者での定期的なメンテナンスが欠かせません。インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスを怠ると歯周病に似た病気(インプラント周囲炎)にかかることがあるからです。歯茎の腫れや出血を引き起こすインプラント周囲炎は、放置するとインプラントが抜け落ちてしまうことにつながります。

とはいえ、メンテナンスをしっかり行っていれば、長きにわたってインプラントを使い続けることができます。いつもまでも快適な生活を楽しんでいただくために、ご自宅での毎日のケアと合わせて歯科医院での定期検診をご活用ください。ご不明点は平塚市の歯医者「エム歯科クリニック」が丁寧にご説明いたします。